アイスコーヒーは海外にはないの?日本から生まれたという説も!?

あなたは海外でアイスコーヒーを飲んだことがありますか?

私は去年家族でハワイ旅行に行ったのですが、せっかくなのでハワイアンコーヒーを飲もうと、ローカルのコーヒーショップに入りました。暑かったのでアイスコーヒーを注文しようとしたのですが、「ice coffee」の表記がどこにも見当たらないんです^^;

わからなかったので適当に注文したら、普通のホットコーヒーが出てきました(T_T)英語力がまだまだです。。。

後で聞いた話では、実はアメリカには元々アイスコーヒーがなく、しかもアイスコーヒーは日本がつくったものだという説もあるとか(*_*)

ということで今回の記事は、アイスコーヒーは海外にはないの?日本から生まれたって本当?といったテーマを解説していきます!

スポンサーリンク

アイスコーヒーは海外にはないの?

早速本題の「アイスコーヒーは海外にはないのか?」という質問に対する回答ですが、そんなことはありません^^;

海外にもアイスコーヒーはちゃんとあります!

ただし、「ice coffee」という表記で売られていることはほとんどないですね。(だから私も見つけられませんでした^^;)

アメリカでは「iced coffee」だったり、水出しコーヒーの意味の「cold brew coffee」だったりします。それに、注文で単にアイスコーヒーと言った場合は、アイスクリームがのっているコーヒーが出てくることもあるので、注意してくださいね!

昔は本当に無かった!?

でも、一昔前(だいたい西暦2000年くらい)は本当にアメリカにはアイスコーヒーはありませんでした!どのお店でも、コーヒーといえばホットコーヒーだったのです。

何故かと言うと、アメリカ人は大のホットコーヒー好きで、コーヒーは冷やすなんていう発想が、当時はあり得なかったからだと言われています。

ヨーロッパでも、コーヒーとはホットで飲むものだというのは常識中の常識なので、未だにアイスコーヒーは邪道だということで、お店に出さない喫茶店も多いのが現状です。

食わず嫌い(飲まず嫌い?)せずに飲んでみればいいのに〜美味しいのにもったいないですね^^;

スポンサーリンク

ではなぜ今はアイスコーヒーブーム?

そんな欧米諸国ですが、今となってはアイスコーヒーが当たり前に店頭に並ぶようになってきました。もはやアイスコーヒーブームといっても過言ではないくらいに^^

なぜこの20年程で、こんなに変化してしまったのでしょうか?

それは、コーヒーを扱う大手チェーン(スターバックスやマクドナルドなど)がこぞってアイスコーヒーを商品化して売り出したからだと言われていますね。

特に暑い地域や時期は、ホットより絶対アイスの方が美味しいと思いますし、そりゃ売れますよ!

今ではアメリカの若者の38%はアイスコーヒーを好んで飲むようになったそうです!これからもっと増えていきそうですね^^

アイスコーヒーは日本で生まれたの?

アメリカやヨーロッパの国々が、アイスコーヒーを飲み初めたのがここ数十年の間だとすると、日本はもっと前からアイスコーヒーを飲んでますよね?

私の小さい頃から喫茶店に行くと、コーヒーはほとんどがホットとアイスを選べるようになっていましたし。

こう考えると「アイスコーヒーは日本で生まれた説」が信憑性増しますよね^^

実際のところはどうなのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

最初にコーヒーを冷やして飲みはじめたのは、アフリカ人!?

言ったそばから出鼻をくじくかたちになって申し訳ないですm(_ _)m

実はコーヒーを最初に冷やして飲みはじめたのは、北アフリカの国、アルジェリアの人々だという説が濃厚です。

1840年ごろ、アルジェリアはフランスの植民地でした。その中のマサグランという街で現地の人が熱いコーヒーに水を入れて冷やして飲んでいるのを、フランス人が見つけたそうです。

それがフランス本国で、「マサグラン=冷やしたコーヒー」として伝わったそうです。一応伝わりはしたものの、フランス人はコーヒーを冷やして飲む事が性に合わなかったようで、広まりはしなかったみたいですね^^;

スポンサーリンク

日本のアイスコーヒーの歴史

ということで、日本は残念ながらアイスコーヒーの生みの親というわけにはいきませんでした。ですが、日本も昔から独自でアイスコーヒーをつくり、飲んでいた事がわかっています!

18世紀ごろ、ポルトガルから日本にコーヒーが伝わったとされています。

それから明治時代になり、ここで「冷やしコーヒー」の名前でコーヒーが売られていた事がわかっています。(関西では、この名残でアイスコーヒーの事を「冷コー」と呼ぶ人もいるとか)

時期は大体1890年代といわれているので、アルジェリアの人より少し遅かったですね(T_T)

ですが、この冷やしコーヒーの作り方はアルジェリアのよう水をコーヒーに入れて冷やす方法ではありません。瓶に入れたコーヒーを冷たい井戸水で冷やして作っていたみたいです!

果物や野菜を冷やす、日本独特のやり方ですよね!夏に冷たいスイカとアイスコーヒー、明治の人も乙なことを考えたものです(^o^)

なぜ海外では、アイスコーヒーが流行らなかったの?

日本でアイスコーヒーが売り出される50年近く前には、既にヨーロッパにアイスコーヒーは上陸していたはずです。しかしほとんど庶民には広がらず、未だにヨーロッパでのアイスコーヒーの立場はマイナーなままです。

なぜアイスコーヒーは欧米では流行らなかったのでしょうか?

その原因の一つに、欧米の衛生観念が関係していたとされています。

日本以外のほとんどの国では当時、飲み物を加熱せずに飲む事は危険だったために、冷たい飲み物を飲むという事があまりなかったそうです。水以外のものを冷やして飲む事は贅沢なことだったので、冷たいコーヒーが一般市民に普及することはありませんでした(*_*)

こう見ると、日本は恵まれた国だったんだと改めて感じます^^

スポンサーリンク

世界のいろいろなアイスコーヒー!

日本でアイスコーヒーといえば、水出しコーヒーか、ドリップコーヒーを氷や冷蔵庫で冷やしたタイプのどちらかかな〜と思います。

しかし、海外にはとっても面白いアイスコーヒーがあるんです(^^)マイナーだからこそ特徴的な、日本では見たことないアイスコーヒーをご紹介します!

スペインのアイスコーヒーはエスプレッソ!?

エスプレッソといえば、小さいカップにめちゃめちゃ濃いコーヒーがちょっとだけ入った、あれです!日本ではほとんど飲んでる人を見かけませんが、ヨーロッパではとてもメジャーなコーヒーです。

で、スペインのアイスコーヒーは、エスプレッソを氷の入ったグラスに入れて飲みます!ちょうどこのアイスコーヒーを紹介している動画がありましたので、ご覧ください!

Café del tiempo – Spanish iced coffee

一体どんな味がするのか、飲んでみたいですね^^

イタリアのアイスコーヒーは、まるでカクテル!?

次に紹介するのは、コーヒーの本場イタリアのアイスコーヒーです。

名前は「カフェ·シェケラート」といいます。スペインと同じくエスプレッソを使うのですが、実はこのコーヒー、氷、砂糖、フレーバーシロップと一緒にシェイキングするんです!

まるでカクテルのようなアイスコーヒーなんですね。

こちらもちょうど、作っているところを紹介している動画がありましたので、よかったらご覧ください^^

Caffè shakerato / カフェ・シェケラート

カッコいいですね!!そしておいしそう。日本でも飲めるお店は無いものでしょうか(^^)


 

夏の暑い時期は、やはりアイスコーヒーが飲みたくなりますよね!こんな美味しいアイスコーヒーを最近まで飲んでこなかったなんて、欧米諸国は本当にもったいない^^

今後ますますアイスコーヒーが世界的にメジャーになることで、先程紹介したような、世界各地で飲まれている特徴的なアイスコーヒーも、日本で手軽に飲める日がくるといいですね!

コメント