家族で楽しいボードゲームランキング!買っちゃダメなジャンルも紹介!

スポンサーリンク

家族みんなが集まる日を楽しく過ごしたいと思った時の方法として、実はボードゲームはおすすめです!

でも、普段ボードゲームなんて買った事ない人は(そういった人の方が多いと思いますが)どんなゲームを買えば良いのかわからないですよね(^^;?

日本の場合、ボードゲームといえは「人生ゲーム」的なイメージが強いと思いますが、実は世界を見渡すとボードゲームは星の数ほどあるんです!もちろん、人生ゲームより面白いゲームもたくさんあります。(あくまで個人的な見解ですが笑)

という事で今回は、家族みんなで楽しめるおすすめボードゲームを、私の独断と偏見のランキング形式で紹介しちゃいます!

家族で楽しめるボードゲームランキング!!

早速おすすめのボードゲームを紹介したいと思いますが、その前に一点補足を(^ ^)

今回のランキングで考慮した点は、

  • 手に入りやすい
  • お子さんと一緒に楽しめる

という事です!

冒頭でも言いましたが、ボードゲームって一括りでいっても種類がありすぎるんですよね。そんな中、いくら面白いゲームだとしても、手に入らなければ遊べないですよね?

もちろん海外から個人輸入という手もありますが、そこまではしたくない人がほとんどです。

それに、家族で楽しむためには大人から子供まで一緒になって遊べるボードゲームである必要があると思います。中には大人がガチで戦うボードゲームもあり、そういったゲームは今回のランキングからは外してあります。

そして、ランキングとなっていますが、この記事で紹介するゲームは、全て私が胸を張っておすすめできるゲームたちです!正直、全部面白いです!が、一応形式上ランキングにしてある感じです。

なので、順位に限らず、面白そうだと思ったボードゲームはぜひ楽しんでみてください(^ ^)

前置きが長くなりましたが、早速おすすめボードゲームランキングを見てみましょう!

第1位 犯人は踊る

 

View this post on Instagram

 

レッドエースさん(@red_ace_7001)がシェアした投稿

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ時間:10分
  • プレイ可能人数:3-8人

「犯人はお前だ!」と名探偵○ナンの気分を楽しめるカードタイプのボードゲーム

ルールは自分の番にカードを1枚出して、その指示に従うだけ。こちらの動画を見るとイメージがつかみやすいですよ!

犯人は踊る 遊んでみた

「探偵」カードで「犯人」カードを持っている人を当てたり、「たくらみ」カードで共犯者になったり、「うわさ」カードで他人と手札を入れ替えたり・・・場面がダイナミックに変わっていきます!

最大8人まででき、1ゲームたったの10分程度で終わるというものGood!カードだけなので、家族旅行中でも手軽に楽しめる、私一押しのボードゲームです(^ ^)

管理人一押しのボードゲーム!
カードが紙なので、長く遊ぶと折れやすい。

長く使いたい場合は、こういったカードを保護するスリーブに入れてあげるといいですよ(^ ^)

スポンサーリンク

第2位 スコットランドヤード

 

View this post on Instagram

 

SAYAKA KINOSHITAさん(@nefertarisayaka)がシェアした投稿

  • 対象年齢:10歳以上
  • プレイ時間:45分
  • プレイ可能人数:3-6人

ボードゲームなのに協力プレイ?おすすめの協力型ゲームを一挙公開!」こちらの記事でも紹介していますが、ロンドンを舞台に、怪盗Xとロンドン市警(スコットランドヤード)に別れて行う、壮大な鬼ごっこです!

姿を見せない怪盗Xを協力して追い詰めていく過程は、とってもスリリング!怪盗X側はさらに面白く、どうやって警察をまいて逃げ切ろうかを画策しながら逃げまくります。

個人的には怪盗X側が断然好きです(笑)

1983年に年間ドイツゲーム大賞という、ボードゲーム界では最高の賞ももらっている傑作です!昔のゲームなのに古臭さは全く感じない、とってもクールなボードゲームです(^ ^)

盤上で鬼ごっこが楽しめる!
人数が多い方が楽しい。
東京を舞台にしたスコットランドヤードもあります!

第3位 ブロックス

 

View this post on Instagram

 

( *´︶`*)さん(@ariyou_you)がシェアした投稿

  • 対象年齢:7歳以上
  • プレイ時間:20-30分
  • プレイ可能人数:2-4人

全世界で超人気のブロック配置ゲーム!

ルールも自分の色のブロックの角が接するように次のブロックを配置するだけ。毎回展開が変わるので、その時その時で先を読んで配置していくことが大切です。

下の紹介動画でもあるように、脳の活性化という面でも効果が認められているので、教材としてお子さんと遊ぶのも良いかもしれませんね!

ブロックス×脳血流調査
頭が良くなるボードゲーム!
ブロックの紛失には、くれぐれも注意を。

第4位 ナンジャモンジャ

 

View this post on Instagram

 

sho-kさん(@yosh10712363)がシェアした投稿

  • 対象年齢:4歳以上
  • プレイ時間:15分
  • プレイ可能人数:2-6人

ちょっと変わった神経衰弱みたいなゲーム!

謎のおもしろ生命体にあだ名をつけて、同じ絵柄のカードがもう一度出てきたら、誰よりも早く決めたあだ名を当てた人の勝ち、というとても簡単なルールです。

カードに書かれている謎の生命体はどれも変な顔をしているので、愛着が湧いてくるし、とんでもない面白いあだ名がつけられると大爆笑、なんてことも(^ ^)

ユーチューバー草なぎさんとフィッシャーズさんの動画の盛り上がり具合をみると、よりおもしろさが伝わると思います!

草彅剛さんとナンジャモンジャゲームやったらクソ面白かったwww

家族のみならず、友達とも気軽にワイワイ盛り上がれるゲームです!

低年齢のお子さんと大人が一緒になって楽しめる!
記憶力に自信がない人は好きじゃないかも・・・

※「ミドリ」と「シロ」でカードのキャラが違います。

スポンサーリンク

第5位 人生ゲーム

 

View this post on Instagram

 

ikoi__🦄💗さん(@ikoi__)がシェアした投稿

  • 対象年齢:6歳以上
  • プレイ時間:約30分
  • プレイ可能人数:2-6人

日本でのボードゲームの代名詞と言えば、この「人生ゲーム」ですよね!

さすが、日本人気ナンバー1のボードゲームだけあって、子供から大人までまんべんなく楽しめる優秀なゲームです!道を進んでいく、スゴロクタイプのボードゲームなので、パッとみて進行状況がわかるのもいいですよね。

運の要素がほとんどなので、難しい事は考えずにワイワイ楽しめるのがGood!これを皮切りに他のボードゲームも楽しんでもらいたいですね(^ ^)

楽しさ折り紙つきのスゴロク!
運要素が強すぎじゃない?


果たして何種類あるかわからないバリエーションの多さも人生ゲームの売りなので、自分好みの人生ゲームを集めてみるのも良いかも(^ ^)


第6位 インカの黄金

 

View this post on Instagram

 

HARUNO_15さん(@haruno_15)がシェアした投稿

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ時間:20-40分
  • プレイ可能人数:3-8人

インカの残された財宝を探し、手に入れた財宝の価値で競う「チキンレース」的なボードゲームです。ボードゲームでは珍しく、8人まで同時に遊べます!

プレイヤーは冒険者となって、インカの財宝を求めて神殿の奥まで進みます。ころあいを見計らって帰還しなければ、手に入れた財宝は消えてなくなってしまうという、まさにチキンレースです!

「進む」か「帰る」かの選択だけのシンプルなルールなので、小さいお子さんも楽しんで参加できますよ。手に入れた財宝がきれいな宝石なのも、私的にポイントが高いです(^ ^)

最大8人でできる、度胸試し!
宝石がいっぱいあるので、紛失注意。

第7位 ウボンゴ

 

View this post on Instagram

 

Takeshi Ishimakiさん(@ishimakitakeshi)がシェアした投稿

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ時間:25分
  • プレイ可能人数:1-4人

制限時間内に目の前のパズルを組み立てる、強いて言えば、「リアルタイムパズルゲーム」といったところでしょうか。

ルールは下の動画を見れば遊べるくらい非常に簡単だし、どちらかと言えば、頭が柔軟に使える子供の方が有利なので、家族で遊ぶといい勝負になると思いますよ!

ウボンゴ紹介ビデオ

「ウボンゴ!!」と言いながら盛り上がりましょう!

大人こども関係なく楽しめ、盛り上がる!
うるさくなりやすい。
スポンサーリンク

第8位 赤ずきんは眠らない

 

View this post on Instagram

 

everblueさん(@everblue.dw)がシェアした投稿

  • 対象年齢:6歳以上
  • プレイ時間:20分
  • プレイ可能人数:3-6人

誰もが知る赤ずきんちゃんの「赤ずきん&ぶた」VS「狼」の駆け引きがカードタイプのボードゲームなりました!

お互いの心理を読み合うゲームでありながら、ルールはいたってシンプルで簡単!小さい子供ともワイワイ楽しめます(^ ^)

カードの絵柄もとってもかわいくてGoodです!

ルールが簡単で、誰でも遊べる!
駆け引きが好きじゃない人は避けるべき。

第9位 フルーツジュース

 

View this post on Instagram

 

@anisanがシェアした投稿

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ時間:25分
  • プレイ可能人数:2-5人

面白くて可愛い動物たちのカードがたくさんのカード型のボードゲームです。カードの効果を駆使して一番多くフルーツジュースを作った人の勝ちです!

使われるカードがどんどん変わっていくので、次から次へと展開が変化するので飽きずに楽しめますし、310枚もの大量のカードがあるので、数回遊んだだけではとても遊び尽くせません(^ ^)

「またやろうね!」という口実にもなり、長く遊べるボードゲームですね。

気軽にも楽しめますし、真剣に勝負しても奥が深いので、大人同士でも十分楽しめますよ!

かわいい絵柄と奥深いゲームシステム!
運要素が少ないので、小さい子は難しいかも。

第10位 禁断の島

 

View this post on Instagram

 

NATSUさん(@bbnatsubb)がシェアした投稿

  • 対象年齢:10歳以上
  • プレイ時間:30分
  • プレイ可能人数:2-4人

スコットランドヤードに続き、「ボードゲームなのに協力プレイ?おすすめの協力型ゲームを一挙公開!」の記事でも紹介していますが、みんなで協力して、沈みゆく島から財宝を見つけ出し、ヘリコプターで脱出するというコンセプトのゲームです。

ゲームシステムとして面白いのが、「参加者全員で協力してクリアを目指す」というところですね!

一般的なゲームは、参加者同士で競い合い、1位、2位・・・を決めるのが普通ですよね。このゲームでは「全員勝ち」か「全員負け」のどちらかなので、ケンカにならずに楽しめます。

徐々に迫ってくるタイムリミットにせかされながら、脱出する方法をみんなで考えるのが、たまらなく楽しいですよ!

みんなで協力してプレイ!
英語版のみ。(こちらから日本語のルールはダウンロードできるので、プレイには支障はありません:http://www.gamers-jp.com/playgame/db_filea.php?game_id=4629
姉妹作品として、「禁断の砂漠」というものもあります。禁断の島で遊んでみて楽しければ、ぜひこちらでも遊んでみてください!
スポンサーリンク

家族向けのボードゲームで選んじゃいけないジャンルは?

ブラフ(騙す)系ボードゲーム

家族で遊ぶ事を前提に考えた時に、真っ先に避けた方がいいジャンルは人をあざむいて勝利を手にする「ブラフ系」と呼ばれるボードゲームです。

代表的なボードゲームに、「ゴキブリポーカー」があります。

他のプレイヤーを出し抜くタイプのボードゲームは、小さい子供と遊ぶとケンカの元になる場合があります。(私は経験済みです(^^;)

ブラフ系のボードゲームはとってもおもしろいんです!おもしろいんですが、遊ぶ人全員が「ゲームはゲーム」と割り切れる年齢になるまで、こういったボードゲームはやめた方が無難でしょう!

こういう経緯もあり、私がこれまで紹介したボードゲームはみんなで協力したり、競い合うタイプのゲームばかりなのですね(^ ^)

中、重量級ボードゲーム

ボードゲームには本当にたくさんの種類があり、中には1回遊ぶのに2時間以上もかかる中量級、重量級ボードゲームもあります。

代表的な人気ボードゲームに「アグリコラ」があります。

こういったボードゲームは、この記事のランキングで紹介してきたボードゲームとは比べ物にならないくらいルールがたくさんあって複雑だし、あれこれ考えながら戦略的にプレイしていく本格ボードゲームです!

ボードゲームを買って、家族と楽しく遊ぶというよりは、「ボードゲーム好きな人たちとガチで遊ぶ」のに向いています。(ちなみに私は、こういった中、重量級ゲームは大好物です^^)

といった理由から、私は避けておいたほうが良いと思います。

せっかく家族で楽しむために買ったボードゲームも、ルールが複雑すぎて遊ぶ前に挫折しては元も子もないですからね!

スポンサーリンク

「カタンの開拓者」はどうなの?

ボードゲームを買おうとすると、必ずといっていいほど候補に上がってくる超人気ボードゲームが「カタンの開拓者たち」です。

ボードゲームのおすすめを聞いてくる人の中にも、

「カタンはどうなの?」

という質問をいただく事は多いです。

結論から言うと、家族でボードゲームを楽しむと言う意味ではオススメしません

その理由は、

  • プレイ時間が最低1時間はかかる
  • ルールが少々難解
  • カードの取引がある

からです!

特にカードの自主的な取引はカタンの醍醐味ではあるのですが、逆に言うと、この取引が上手くできないと勝負に勝てないと言う、とてもシビアなゲームなのです(^^;

ある意味騙し合いという側面もあるので、険悪なムードになってしまうかも・・・

カタンは、とってもおもしろいボードゲームである事は間違いないので、もし買うなら他のボードゲームで遊んで、ある程度慣れてから挑戦するのが良いと思いますよ(^ ^)

まとめ

私も小さい時に家族とボードゲームで何度も遊んだ事がありますが、楽しかった思い出として今でも残っています!

ボードゲームは、そんな楽しい思い出をいっぱい作れるポテンシャルを持っているツールだと、私は思います。

ボードゲームを通じて、新しい家族交流の時間が増えてくれれば、とってもうれしいですね(^ ^)ぜひこの記事のランキングを参考に、ボードゲームを楽しんでみてください!

コメント