キャンプ嫌いな嫁を誘うには?私も実践した具体的な方法を紹介!

梅雨が終わり暑くなってくると、いよいよキャンプの季節が近づいてきたと感じます!

私はもともとアウトドアが大好きなので、夏〜秋にかけて頻繁にキャンプにでかけます。

1人で行くソロキャンプもいいですが、やはり家族や友人と一緒にワイワイやるキャンプがいいですよね^^

なので、当時付き合っていた彼女(今の妻)とキャンプにいきたかったのですが、、、彼女はインドア派なので、キャンプに誘ってもなかなか頭を立てに振りませんでした^^;

彼女が特別なわけではなく、キャンプやアウトドアを嫌がる女性も少なくないのが現状ですよね。そんな彼女も最終的にはキャンプを積極的に楽しめるようになり、キャンプは我が家での毎年恒例の行事になりました!

今回はこの経験を元に、家族でキャンプを楽しむために、奥さんをキャンプ好きにしてしまう方法をお伝えしますね!

スポンサーリンク

あなたの嫁がキャンプが嫌いな理由は?

キャンプがあまり好きではない人の気持ちを上手に理解してあげる事が必要です。

じゃあキャンプが嫌いな人がキャンプのどんなポイントが好きではないのか、いっしょに見てみましょう!

快適じゃない!

1番多い意見が、キャンプは快適じゃない(むしろ不快だ!)と思っている人が多いです。

キャンプはアウトドアスポーツなので、屋外での活動がほとんどです。それゆえ”快適”に楽しむのが難しいのはなんとなくお分かりいただけるのではないでしょうか?

例えば

  • 蒸し暑い
  • 虫が多い
  • 床が固くて寝れない
  • トイレが汚い
  • お風呂に入れない

などなど、挙げだしたらキリがないですよね!

男性ならある程度我慢できる人も多いかも知れませんが、女性はこういった不快な環境が苦手な人が多いです^^;

めんどくさい!

次に多いのが移動、準備含めて「めんどくさい!」と思ってしまう人が多いです。

キャンプを無事やり終わるには、

キャンプギアを準備して、食材を購入し、着替え等もろもろを車に詰め込んで、キャンプ場に着いたら、テントを建てて、一息つく頃にはBBQの準備に追われ、あっという間に就寝の時間に。

朝起きたらテントをたたんで荷物を車に詰め込んで帰宅。家に帰れば大量の洗濯が待っている、、、

なんて考えたら、どんな人も行きたく無くなりますよね^^;

キャンプにはそれ以上の面白さや楽しみがあるんですが、、、この気持ちはキャンプ好きにしかわからないかもしれませんね(^_^;)

キャンプ嫌いを克服する方法

これまでキャンプ嫌いな人の理由を紹介してきましたが、要はこれらを解決すれば良いわけです!

「そんな、言うのは簡単だけれども、結局どうすればいいんじゃい!」

ってなっちゃいますよね^^;

ではでは、これからその具体的な解決方法をお教えしますね^^

キャンプを快適にする

まず、キャンプが快適じゃない!というあなたの妻の不満を解消していきましょう。

キャンプを快適にする方法としては、以下のポイントに注意すればよいです!

  1. 綺麗なキャンプ場を予約する
  2. 良いキャンプギアを選ぶ
  3. 防虫対策を怠らない

それぞれについてもう少し詳しく説明しますね^^

1.綺麗なキャンプ場を予約する

日本中には大小合わせて何百というキャンプ場がありますが、それだけあればやっぱりいろんなキャンプ場があるわけです!

その中には清潔感に気を使っているキャンプ場や快適な設備のキャンプ場もたくさんあります。

私が行ったことがあるキャンプ場の中では、例えば、群馬県にある「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」です!

ofukuさん(@fukumario)がシェアした投稿

こちらのキャンプ場は、かの有名な「無印良品」の会社が運営するキャンプ場です。

トイレや炊事場などの施設も非常にきれいですし、キャンプサイトがサイトごとに別れているので安心して遊ぶ事ができます。

また、車で少し行った所に源泉かけ流しの温泉があることも魅力です!

こういったキャンプ場は探してみると案外多いものです!

値段は少し張っても、環境が良いキャンプ場を選ぶのがコツです^^

2.良いキャンプギアを選ぶ

行くキャンプ場が決まれば、次はキャンプギアです!

キャンプ好きからすると、キャンプギアを集めるのも一つの楽しみだと思いますが、キャンプ嫌いの奥さんを勧誘するには”より快適性にこだわったキャンプ用品”を準備するのも良い方法です。

特に睡眠に関するアイテム(寝袋、クッションマットなど)は少々高くても良いものを選んであげるとキャンプ疲れを和らげることができますよ!

ちょっと高めですが、私一押しの寝袋です!

あと、テント内のフロアマットもこのようなエアーマットなど地面のゴツゴツを感じさせないアイテムを取り入れることで、さらに快適なキャンプを楽しむ事ができますよ!(ちなみにエアーマットレスは夏キャンプでしたらヒンヤリして寝やすいですよ)

参考にしてみてくださいね!

3.防虫対策を怠らない

私は蚊やアブなどの虫刺されの原因になる虫は嫌いです!なので、キャンプでは出来る限り遠ざけたいと思っているんですが、きっとあなたもそうですよね^^;

アウトドアが好きなあなたでさえそうなのだから、あなたの妻がそうでないわけがありません!

つまり、防虫対策は自分以上に気を使わなければなりません

虫除けスプレーや蚊取り線香、そして刺された後に塗る薬等を準備するのは当たり前ですが、より防虫対策を強化するためにこういった物を携帯すると虫の寄り付き方が全然違いますよ!

自分もキャンプの時は必ず持っていきます^^

それに、ロマンチックな雰囲気を楽しみながら、虫除けができるキャンドルなんていうものもあります。そんなに高くはないので、奥さんといっしょに楽しんでみてはいかがでしょう^^

「めんどくさい」の気持ちの解決方法

次に「キャンプはめんどくさい!」と言って行きたがらない、奥さんの気持ちを解消する方法をご紹介しますね!

準備、後片付けを積極的に行う

キャンプに限らず、アウトドア・スポーツのほとんどは準備と後片付けが大変です。

家族でキャンプに行く時は、みんなで協力して準備をすると思いますが、キャンプ好きじゃない人にとってはただの重労働でしかないです^^;

なので、まずはキャンプに行きたいあなたが積極的に準備してみましょう!

私の家では準備は基本的に私一人行います。(準備するのが、案外楽しかったりするんですが^^)妻に手伝ってもらうのは一人では難しいテントやタープ設営くらいでしょうか。

あと料理の下準備や調理、炭熾しや焚き火なども8割位は私が行います。妻にはその間ゆっくりしてもらいます。

後片付けは、撤収作業は協力してもらいますが、その後妻にお願いするのは洗濯くらいでしょうかね。

これだけやると、インドア派な妻も「そこまでやってくれるなら、行ってもいいかな?」と思ってくれるはず!

そして何回かキャンプを重ねるうちに、キャンプを好きになってくれると思いますよ!(私の妻もこのタイプでした)

美味しい料理をつくってあげる

キャンプの醍醐味といえば、やっぱり食事だと思います!

夕食や朝食がおいしいとみんな元気になって、よりキャンプを楽しんでくれること間違いないです。

ですが、男性は特に「料理なんて普段作ったことないから自信がない!」という人も多いかと思います。でも大丈夫!そんなに難しく考えなくても、美味しい料理は作れますよ!

私が思うコツは、BBQやカレーなど定番料理の他にキャンプらしかなぬ料理をつくってみることです。

例えば私の場合は、アヒージョを毎回用意します。(最近ではキャンプでのアヒージョは珍しくなくなりましたが、、、)

オリーブオイルに、みじん切りのにんにくと塩コショウを入れて火にかければ、後は食材を入れて食べるだけ。超簡単ですが、初めて出したときの妻の印象は抜群によかったですね。

それ以来、我が家のキャンプの定番になりました(笑)

こんな形で、毎回1品で良いので簡単で意外な料理をつくることで、奥さんのキャンプに行く楽しみがグンとアップするはず!ぜひ試してみてください^^


 

キャンプ嫌いの妻にキャンプを楽しんでもらうには、つまるところ、どうやって「キャンプ=楽しい」と感じてもらうか、なんだと思います。

私は妻が楽しんでいる顔を見ていると、「キャンプに来てよかったな」「キャンプって楽しいな」と感じます。それが自分のキャンプの楽しみの一つになっています。

こんな好循環をつくることができれば、きっとキャンプライフを家族で楽しむ事ができると思います。

ぜひ今年のキャンプは、奥さんを口説いてキャンプを楽しんでみましょう!

私の経験を元に、キャンプに関するいろいろな記事を書いているので、もし気になったら覗いてみてくださいね(^^)

他のキャンプ記事を読む

コメント